アコムの過払い金が戻ってくるまでの流れ

アコムの過払い金が戻ってくるまでの流れ

アコムへ過払い金請求をする場合、実際に過払い金が手元に戻ってくるまで、どのような流れで手続きをするのか気になると思います。この記事では、アコムの過払い金請求の流れと、アコムに過払い金請求をする場合の注意点などを解説しています。これからアコムへ過払い金請求をする人は、参考にしてください。

アコムの過払い金請求の対象者

まずはじめに、そもそもアコムの過払い金が発生しているか調べてみましょう。アコムの過払い金請求の対象者は、2007年6月18日より前にアコムから借入をしたことがある人です。

アコムは、貸金業法の改正に伴い2007年6月18日に金利を見直しました。改正前は最高で27.375%の高金利で貸付をおこなっていたので過払い金が発生します。過払い金が発生する条件は、利息制限法の上限金利を超える金利で借入をしたことがある場合なので、2007年6月18日以降に借入を開始した人は過払い金請求の対象外となります。

アコムの過払い金請求の流れ

ここからアコムの過払い金請求の流れを解説していきます。過払い金請求は自分でもすることができますし、司法書士や弁護士などの専門家に依頼して代わりにすべての手続きをしてもらうこともできます。

また、過払い金請求をする場合は、和解交渉と裁判の2つのやり方があります。和解交渉の場合は、過払い金が戻ってくるまでの期間は短くなりますが、過払い金の金額は少なくなります。裁判の場合は、逆に戻ってくるまでの期間は長くなりますが、過払い金の金額は高くなります。

1.アコムから取引履歴を取り寄せる

過払い金請求をするためには、過払い金が発生しているかを調べることからはじめます。そのために必要な取引履歴をアコムから取り寄せます。アコムから取引履歴を取り寄せるには、アコムのお客様相談センター(0120-036-390)に電話し、「取引履歴がほしい」と伝えれば、店頭受け取りまたは郵送にて開示されます。店頭受け取りの場合は、2時間程度、郵送の場合は通常、連絡してから1~3週間くらいで受け取れます。

2.引き直し計算(過払い金の計算)をする

過払い金の発生額を調べる計算を引き直し計算といいます。引き直し計算を自分でやる場合は、ネット上で公開されている引き直し計算ツールを使って計算していきます。アコムから取り寄せた取引履歴をもとに、必要な箇所に数字を入力していきます。アコムの取引履歴は「借入れ」と「返済」が同じ行内に書かれていてわかりづらいので、入力ミスなどに注意してください。

引き直し計算は過払い金の金額を出す重要な作業なので、タイピングミスや入力間違えなどに気をつけておこなってください。ここで計算を間違えると取り戻せたはずの過払い金より少なくなってしまう可能性があります。計算が苦手な人や、面倒くさい人は専門家に依頼することでかわりに計算してもらうこともできます。

3.アコムへ過払い金請求をすることを伝える

過払い金の金額がわかったら、次にアコムへ過払い金請求返還請求書を送り、過払い金請求をすることを伝えます。アコムから過払い金請求返還請求書など受け取っていないと言われないように、送った証拠、受け取った証拠が残る内容証明郵便で送ることをおすすめします。

4.アコムと電話等での話し合いによる交渉【和解交渉】

過払い金請求をすることを伝えたら、いよいよアコムの担当者と直接やり取りをして過払い金の金額や返還日の交渉をします。アコムは過払い金請求の交渉に慣れています。なので、自分で交渉をする場合、アコムは「相手は交渉に慣れていない」と思って安い金額を提示してくることもありますが、自分の希望する金額を強気で主張しましょう。

また、取引の分断(アコムで借りたり返したりをしていること)など法律的な問題があると、お互いの主張する金額に差が出て、交渉期間が長引く可能性があります。自分で交渉することがむずかしい人は、専門家に依頼しましょう。専門家の経験や実力にもよりますが、アコムとの和解交渉では、80~90%ほどの過払い金を回収できます。和解交渉で解決した人は「7.過払い金の返還」へお進みください。

5.過払い金返還請求訴訟の提起【裁判】

和解交渉でアコムから納得のいく金額が提示されなければ、過払い金請求の裁判をすることになります。自分でやる場合は、訴状や証拠など裁判に必要な書類を作成しなければなりません。また、裁判は平日におこなわれるので、平日に裁判所に行く必要があります。

アコムの裁判の対応は、特別な争点などがなければ、比較的スムーズに和解することができますが、書類の準備や裁判所への出廷など手間と時間がものすごくかかってしまいます。裁判で解決する場合は、専門家に依頼するようにしましょう。複雑な書類の準備から、裁判所への出廷もすべて専門家がおこなってくれます。

6.裁判と並行して和解交渉をする

裁判をおこした後は、裁判上で過払い金の金額を決めるためのやり取りをしますが、並行して裁判外での和解交渉をおこないます。この和解交渉で自分の納得のいく金額が提示されれば、裁判の判決が出る前に解決することもできます。

7.過払い金の返還

和解交渉か裁判で過払い金の返還額、返還日が決まったらあとは、過払い金の返還を待つだけです。以上が、アコムへ過払い金請求をした場合の流れになります。このように実際に、アコムへ過払い金請求をする場合は、複雑な計算、アコムとの交渉や裁判など、時間と手間、それから過払い金請求についての知識も必要になります。

司法書士や弁護士などの専門家に依頼すれば、時間と手間をかけることなく過払い金請求ができますし、経験豊富で知識のある専門家なら、過払い金の返還額もより多く取り戻すことができるのでおすすめします。

アコムに過払い金請求をする場合に注意すべきポイント

マスターカードのショッピングの支払いが残っていないか

アコムでは、マスターカードというショッピングにも使用できるクレジットカードが発行されています。ショッピングの支払いが残っている状態で、キャッシング分で発生していた過払い金を請求した場合、取り戻した過払い金はショッピングの支払いに充てられます。

このとき過払い金でショッピングの支払いをなくすことができれば問題ありませんが、支払いが残った場合、ブラックリストにのってしまいます。ブラックリストにのってしまうと、クレジットカードの使用や発行ができなくなります。

もし、マスターカードで毎月の携帯電話の料金や光熱費などを引き落としている場合は、請求後から引き落としされなくなります。そうならないためにも、過払い金請求前に別のクレジットカードに変更するか、ブラックリストにのらないようショッピングの利用残高をゼロにしてから過払い金請求をするようにしてください。

アコムの過払い金請求には時効がある

過払い金請求には、最終取引日から10年という時効が存在します。時効が成立すると発生していた過払い金はすべて消滅してしまいます。つまり、アコムの借金を完済してから10年が経ってしまうと過払い金請求はできなくなってしまいます。

2007年6月18日より前に借金をしたことがある人は、1日でも早く過払い金請求をしてください。過払い金請求は自分でもできますが、司法書士や弁護士などの専門家に依頼すると、迅速に対応してくれるのでおすすめです。

アコムの会社概要

アコムは三菱UFJフィナンシャルグループに属する大手消費者金融です。武富士に次いで業界第2位でしたが、2010年に武富士が倒産したことにより現在は業界第1位となっています。自動契約機のむじんくんの導入やクレジットカードの導入など、先駆的な会社として知られています。

事業内容は、ローン事業・包括信用購入あっせん事業(クレジットカード事業)・信用保証事業など、融資残高、口座数とも全ての消費者金融の中でNo.1の実績があります。

ブランド名 アコム
商号 アコム株式会社
事業内容 ローン事業、クレジットカード事業など
資本金 638億3,252万円
従業員数 1,991名
本社所在地 東京都千代田区丸の内二丁目1番1号明治安田生命ビル
株主数 2016年9月30日時点で11,390名
上場証券取引所 東京証券取引所の市場第一部

アコムの過払い金請求・債務整理に強い弁護士・司法書士ランキング

  • No.1
  • 司法書士法人杉山事務所 過払い金の回収金額がNo1
  • 週刊ダイヤモンド誌で過払い金の回収金額がNo1で紹介されています。東京、大阪、名古屋、福岡、広島、岡山、仙台、札幌と全国8事務所に展開していて、該当地域だけでなく無料で出張相談もおこなっている過払い金請求に強い事務所です。

    • 相談料、着手金、初期費用がすべて無料
    • 過払い金の回収金額がNo1
    • 消費者金融が恐れる司法書士事務所
    • 全国に8ヶ所の事務所
    • 無料の出張相談も可能
    大阪事務所(主たる事務所) 0120-066-018
    東京事務所 0120-065-039
    名古屋事務所 0120-068-027
    福岡事務所 0120-069-034
    広島事務所 0120-067-009
    岡山事務所 0120-070-146
    仙台事務所 0120-131-025
    札幌事務所 0120-678-027

    公式サイトへ

  • No.2
  • 街角相談所-法律- 匿名・無料でベストな解決法をシミュレーション
  • 毎月10,000人以上が利用する借金問題のシミュレーター。解決率はなんと驚異の80%。24時間365日、過払い金だけでなく債務整理などの借金問題に関するすべてを無料で相談ができます。

    • 毎月10,000以上が利用
    • 解決率80%
    • 過払い金も債務整理も相談可能
    • 匿名・無料で利用可能
    • 24時間365日の相談可能
    • 全国対応

    公式サイトへ

  • No.3
  • 弁護士法人サンク総合法律事務所 弁護士だからできる解決方法
  • 弁護士にしか弁護士だから解決できる借金問題があります。弁護士法人サンク総合法律事務所は他の大手の法律事務所と違って、安心の全国対応で、土日祝日も休まず24時間365日対応しています。

    • 相談料、着手金、初期費用がすべて無料
    • 24時間365日の相談可能
    • 全国対応
    相談無料のフリーダイヤル 0120-314-501

    公式サイトへ

  • No.4
  • アディーレ法律事務所
  • アディーレ法律事務所は、池袋を本店とし、全国に76の支店を持つ法律事務所です。弁護士150名以上を含む総勢900名以上が在籍しています。過払い金請求や債務整理に特化し、借金問題の解決に取り組んでいます。「返金保証制度」を導入しており、満足できなかった場合、90日以内であれば着手金を全額返金するとしています。

    • 債務整理に関するご相談は何度でも無料
    • 弁護士費用は最大12回までの分割払いが可能(債務整理の方針による)
    • 朝10時から夜10時まで、土日祝日も休まず受付け
    • 匿名・無料で利用可能
    • ご相談時に弁護士費用を事前にお見積もり
  • No.5
  • 新宿事務所
  • 10、20、30、のCMでお馴染みの司法書士法人新宿事務所。電話による過払い金無料診断は365日24時間受け付けています。東京新宿本店・横浜駅前支店・大宮駅前支店・千葉茨城支店・東北仙台支店を持ち、司法書士が全国どこでも依頼者の自宅まで出張相談可能です。

    • 相談無料
    • 完全成功報酬制
    • 秘密厳守