過払い金請求とクレジットカードの関係性について

過払い金請求とクレジットカードの関係性について

クレジットカードの過払い金請求は、場合によって可能なものと不可能なものがあります。 また、クレジットカードの過払い金請求をすることで、ブラックリストに登録されてしまう場合もあります。

このように実際にクレジットカードで過払い金請求する際は、いくつかのポイントがあり、注意する必要があります。 今回は気になる過払い金請求とクレジットカードの関係性や注意点など、詳しく紹介していきます。

過払い金請求ができる仕組みと条件

00_PP27_PP_TP_V

過払い金請求とは、賃金業者から過払い金を返還してもらう手続きのことですが、 過払い金とはどのようなお金でしょうか。 過払い金が発生した理由は、以前までは貸付を行った際の利息を決める法律が2つあったことが原因の1つとなっています。

利息制限法と出資法という2つの利息を決める法律があり、利息制限法での上限金利は最大20%、出資法での上限金利は最大29.2%となっていました。 基本的には利息制限法の金利が適用されるべきなのですが、多くの賃金業者は出資法の上限金利を適用していました。 これがいわゆるグレーゾーン金利と呼ばれるものです。 グレーゾーン金利は本来ならば違法なのですが、出資法の上限内であることと、みなし弁済という法律があることから、利息制限法を越えた金利で貸付していても罰則はありませんでした。

しかし、2006年の最高裁でみなし弁済を適用したグレーゾーン金利の貸付は違法であると、判決が下されました。 その結果、グレーゾーン金利で借入をしていた人は過払い金が発生し、過払い金請求ができるようになったのです。 過払い金請求ができる条件は、グレーゾーン金利時代に借入をしていた人に限られます。

多くの貸金業者は最高裁の判決を受けて、2007年に金利を改正してグレーゾーン金利での貸し付けを廃止しています。 そのため2007年頃までに取引があった人が主な対象となります。 また、過払い金請求には消滅時効という制度があり、最終取引日から10年以内に請求しないといけません。 ですから、グレーゾーン金利で借入をしていた人で、最終取引日から10年経っていない人が過払い金請求の対象となります。

クレジットカードから過払い金請求はできるのか?

NKJ56_mankenmottekuchiwokakusu_TP_V

クレジットカードのキャッシング枠は過払い金請求ができる

過払い金請求というと、消費者金融などの賃金業者から借入をしていた人ができるものだと思われがちです。 ですが、実はクレジットカードを利用していた人も過払い金請求をすることができます。

クレジットカードにはキャッシング機能が付いており、2007年頃にキャッシング機能を使ってお金を借りていた人は過払い金が発生している可能性があります。 クレジットカードのキャッシング機能で借入した際も利息が発生します。 グレーゾーン金利が撤廃されるまで、クレジットカード会社もグレーゾーン金利で利息を設定していたため、過払い金が発生します。 そのため2007年頃までにキャッシングしたことがある人は、過払い金が発生している可能性が高いです。

過払い金が発生しており時効が成立していなければ、クレジットカードでも過払い金請求をすることができますので、心当りがある人は早めに確認するようにしましょう。

クレジットカードのショッピング枠は「借金」ではないので過払い金は発生しない

ショッピング決済手段の一つであるクレジットカードには、キャッシング枠とショッピング枠があります。 このうちのキャッシング枠は、設定された上限枠内の中で銀行やコンビニの現金自動預け払い機から、現金を引き出すことができます。 先ほど説明してように、借入時に利息が発生するので過払い金があれば過払い金請求の対象となります。

一方のショッピング枠について、買い物における支払い手段としてはキャッシング枠と同様ですが、その金額を信販会社が立替えるといった形式の違いがあります。 この時利用者が支払うのは、割賦販売の立替金及び金利手数料となり、手数料は利息ではないため利息制限法の適応外となります。 そのためショッピング枠では、過払い金が発生しません。

過払い金が発生している主なクレジットカード会社

pen-631321_960_720

過払い金が発生している主なクレジットカード会社ですが、代表的なのがエポスカードです。 エポスカードは旧丸井・マルイカードで、27%の利息を取っていたので2007年以前にキャッシングの利用をしていた場合には過払い金請求出来る可能性が高くなっています。

次にニコスカード・マイベスト・DCカードなどのニコス系です。 ニコス系は19%から29%ほどの利息に設定されていることが多かったので、2007年以前にキャッシングの利用をしていた場合には過払い金請求可能なケースが多くなっています。

ニコスに関しては合併の影響があり、複数のニコス系カードの利用している方が多いのですが、複数の利用がある場合には全てのクレジットカードが手続きの対象になります。 したがって、一部のカードのみ手続きを行うというような方法は取れませんので、過払い金請求を検討する場合には注意が必要です。

セディナ系も過払い金請求可能なケースが多いです。 セディナ系に関しても、セディナはOMCとセントラルファイナンス、クオークの3社が合併して生まれた会社になりますので、それぞれの会社のクレジットカードを所有していたとしても、過払い金請求は全てのカードが対象となります。

クレジットカードの過払い金請求をする際の4つのデメリット

girl-2096998_960_720

過払い金請求をしたクレジットカードは使用できなくなる

クレジットカードの過払い金請求は、カードを使ってお金を借りるキャッシング枠の部分についてのみ対象になります。 クレジットカードの過払い金請求を行うと、解約扱いとなりそのクレジットカードは使用できなくなります。 返済を終了していて、現在そのカードを使用していなければ問題はありませんが、公共料金の支払いなどに使用している場合は全て変更が必要になります。 事前に他のカードを発行してそちらを使用したり、ポイントが残っている場合は全て使い切ってから手続きに入るようにしましょう。

過払い金請求を行う際には、そのカードでの返済が終わっていることが非常に重要です。未返済の債務がある場合、ブラックリストに登録されてしむ可能性があります。 時期を間違えたために、他のカードや今後の住宅ローンなどに影響することもありえます。

債務が残る場合はブラックリストに載ってしまう

過払い金請求で気を付けておきたいのがブラックリストです。 借金の返済が終わってからの過払い金請求は問題ないのですが、 貸金業者に借金が残っている状況で過払い金請求をすると任意整理扱いになり、ブラックリストに登録をされます。 ただ、戻ってきた過払い金でその借金がゼロになるなら問題はありませんが、借入れ額の方が多いときはリストに情報が記載されます。

ブラックリストから削除されるまでには5年ほど時間がかかります。 その間は新たなクレジットカードの作成ができなくなるデなどのメリットが発生します。

ですから、返済中に過払い金請求をする時は、過払い金で確実に債務を完済することができるか、事前に確認することが大切になります。

ショッピング枠の債務がある場合もブラックリストに載ってしまう

クレジットカードの過払い金請求をする際、注意しなければいけないことがあります。キャッシング枠の債務が返済し終わっていても、ショッピング枠で債務が残っていると、ブラックリストに登録されてしまう可能性があります。 たしかに、キャッシング枠のみ過払い金請求をすることができるのですが、請求をした時点でクレジットカードは解約状態となり、ショッピング枠の債務が残っている場合は支払う義務が生じてしまいます。

そのため過払い金がある場合は、自動的にショッピング枠の債務と相殺されてしまいます。 相殺された結果、完済できる場合は問題ないのですが、完済できず債務が残ってしまった時は任意整理扱いとなりブラックリストに登録されてしまいます。 ブラックリストに載ってしまうと他社のカードも一切使用できなくなるデメリットが発生します。 登録解除には5年かかり、その間新規のカード発行やローン契約もできなくなります。 ショッピング枠の債務が原因でブラックリストに登録されてしまうケースが多くあります。

ですから、クレジットカードの過払い金請求を行う際は、必ずショッピング枠債務も確認するようにしてください。

関連会社のクレジットカードやローンの審査が組めなくなる可能性がある

貸金業者に過払い金請求をするデメリットとして、対象となるカード会社のカードが使えなくなることが挙げられます。 過払い金請求を行ったカード会社のクレジットカードは、解約処分されるので利用できなくなります。

そのカード会社と関連しているクレジットカードも使えなくなる可能性があります。 これはキャッシング枠だけでなく、ショッピング枠も同様なので気を付けなければいけません。 公共料金や電話代などをそのクレジットカードから支払っているのなら、解約をされてしまうことで引き落としができなくなります。 前もって支払い先の変更をするなどの対策が必要です。

過払い金請求をした後にクレジットカードを作れるのか

ecommerce-2140603_960_720

完済している場合は過払い金請求をしてもクレジットカードは作れる

クレジットカードが作れるかどうかは、ブラックリストに情報が掲載されるか否かで決まります。 金融業者に借金をしている状態で過払い金請求を行うと、ブラックリストに載ってしまう可能性があります。 ただし、過払い金の請求をして、借金の返済が終了する場合はブラックリストに載りません。 また、すでに借金を完済している場合もブラックリストに載ることはないのでクレジットカードを作ることが出来ます。

クレジットカードの過払い金請求はキャッシング枠のみ適用されます。 ショッピング枠の支払いが残っている場合は、ブラックリストに登録されないためにも、支払いを済ませてから過払い金請求を行ういいでしょう。

過払い金請求をして債務が残ってしまう場合はクレジットカードが作れない可能性が高い

クレジットカードのキャッシング枠について、過払い金請求をした場合には請求をした時点でカードが解約されるのが一般的ですので、そのクレジットカードは使用ができなくなる可能性が高いです。 ただし、他社のクレジットカードなどには影響がありませんし、また新しく作ることもできますので、これは大きな問題ではありません。

問題となるのは、過払い金請求をしても債務が残ってしまう場合です。 例えば、100万円の借金があり、過払い金が80万円発生している場合には、過払い金請求をしても、0万円の借金が残ってしまいます。 この場合、20万円の借金について任意整理をすることになるので、ブラックリストに載ってしまいます。 ブラックリストに登録されると、しばらくの間は他社のクレジットカードの審査にも影響してしまいます。

そのためクレジットカードが作れなくなってしまう可能性が高くなります。 すでに持っているクレジットカードについては、すぐに利用停止になることはないですが、次に信用情報がチェックされたタイミングで、カード会社の判断によって利用停止になってしまう可能性はあります。

一度でも過払い金請求をした業者からはクレジットカードは作れない

過払い金請求をしてもクレジットカードを作ることは可能ですが、過払い金を請求した業者から新たにクレジットカードを作ることは出来ないため気を付けてください。 クレジットカードの過払い金請求が適用されるのはキャッシング枠のみですが、過払い金請求をした後はキャッシング枠だけではなくショッピング枠も使用出来なくなります。 また、他のクレジットカードの支払いが送れていたり、金融業者に借金がある状態で過払い金請求をすると、ブラックリストに載ってしまう可能性があるので注意が必要です。

まとめ

watch-2131895_960_720

クレジットカードのキャッシング枠は過払い金請求ができ、ショッピング枠は過払い金が発生しません。 ただし、クレジットカードの過払い金請求をする際にはデメリットもあります。 過払い金請求をしたクレジットカードは使用できなくなってしまい、債務が残る場合やショッピング枠の方の債務がある場合にブラックリストに載ってしまいます。 また、対象のクレジットカードに関連する会社のクレジットカードやローンの審査が通らなくなってしまう可能性もあります。

過払い金請求後に新たにクレジットカードを作れるかについて、過払い金請求をした後に完済できる場合はクレジットカードを作ることができるのですが、債務が残ってしまう場合はクレジットカードが作れない可能性が高いです。 また、一度でも過払い金請求をした業者からはクレジットカードを作れませんので、注意しましょう。

アコムの過払い金請求・債務整理に強い弁護士・司法書士ランキング

  • No.1
  • 司法書士法人杉山事務所 過払い金の回収金額がNo1
  • 週刊ダイヤモンド誌で過払い金の回収金額がNo1で紹介されています。東京、大阪、名古屋、福岡、広島、岡山、仙台、札幌と全国8事務所に展開していて、該当地域だけでなく無料で出張相談もおこなっている過払い金請求に強い事務所です。

    • 相談料、着手金、初期費用がすべて無料
    • 過払い金の回収金額がNo1
    • 消費者金融が恐れる司法書士事務所
    • 全国に8ヶ所の事務所
    • 無料の出張相談も可能
    大阪事務所(主たる事務所) 0120-066-018
    東京事務所 0120-065-039
    名古屋事務所 0120-068-027
    福岡事務所 0120-069-034
    広島事務所 0120-067-009
    岡山事務所 0120-070-146
    仙台事務所 0120-131-025
    札幌事務所 0120-678-027

    公式サイトへ

  • No.2
  • 街角相談所-法律- 匿名・無料でベストな解決法をシミュレーション
  • 毎月10,000人以上が利用する借金問題のシミュレーター。解決率はなんと驚異の80%。24時間365日、過払い金だけでなく債務整理などの借金問題に関するすべてを無料で相談ができます。

    • 毎月10,000以上が利用
    • 解決率80%
    • 過払い金も債務整理も相談可能
    • 匿名・無料で利用可能
    • 24時間365日の相談可能
    • 全国対応

    公式サイトへ

  • No.3
  • 弁護士法人サンク総合法律事務所 弁護士だからできる解決方法
  • 弁護士にしか弁護士だから解決できる借金問題があります。弁護士法人サンク総合法律事務所は他の大手の法律事務所と違って、安心の全国対応で、土日祝日も休まず24時間365日対応しています。

    • 相談料、着手金、初期費用がすべて無料
    • 24時間365日の相談可能
    • 全国対応
    相談無料のフリーダイヤル 0120-314-501

    公式サイトへ

  • No.4
  • アディーレ法律事務所
  • アディーレ法律事務所は、池袋を本店とし、全国に76の支店を持つ法律事務所です。弁護士150名以上を含む総勢900名以上が在籍しています。過払い金請求や債務整理に特化し、借金問題の解決に取り組んでいます。「返金保証制度」を導入しており、満足できなかった場合、90日以内であれば着手金を全額返金するとしています。

    • 債務整理に関するご相談は何度でも無料
    • 弁護士費用は最大12回までの分割払いが可能(債務整理の方針による)
    • 朝10時から夜10時まで、土日祝日も休まず受付け
    • 匿名・無料で利用可能
    • ご相談時に弁護士費用を事前にお見積もり
  • No.5
  • 新宿事務所
  • 10、20、30、のCMでお馴染みの司法書士法人新宿事務所。電話による過払い金無料診断は365日24時間受け付けています。東京新宿本店・横浜駅前支店・大宮駅前支店・千葉茨城支店・東北仙台支店を持ち、司法書士が全国どこでも依頼者の自宅まで出張相談可能です。

    • 相談無料
    • 完全成功報酬制
    • 秘密厳守