過払い金請求をしてから住宅ローンを組む方法

過払い金請求をしてから住宅ローンを組む方法

基本的には、過払い金請求をしても信用情報に傷はつかず、住宅ローン審査への影響もありません。 しかし、一定の条件を満たした場合には、信用情報がブラックになってしまうことがあります。

住宅ローンの審査は人生においてとても重要なものですので、万が一でも信用情報に傷がつくという事態になることは避けたいところです。 一度ブラックリストにのってしまったらおよそ5年間は解除されません。 ここでは、過払い金請求をデメリットなしで行うために知っておきたい知識について紹介をします。

過払い金請求とは

PAK23_notedentaku20140312_TP_V

まず過払い金とは、過去に消費者金融やカード会社に払いすぎた利息分のことを言います。 本来利息制限法という法律によりお金を貸す時の利息は決められていますが、2008年以前までは消費者金融やカード会社など多くの貸金業者が利息制限法を無視して高い金利でお金の貸し付けを行っていました。

そのためこのような法律の存在を知らない消費者の中には、本来払う必要のないお金まで利息として貸金業者に返済していたのです。 この払う必要のないお金こそが過払い金のことであり、近年では法律が変わり、必要な手続きを行えばこの過払い金取り戻すことができるようになります。

このことを過払い金請求と言い、最近では過払い金請求を専門に行っている弁護士事務所も増えてきています。 過払い金請求を行う際、着手金・基本報酬・過払い金返還報酬などの費用がかかります。しかし、過払い金がいくらあるのかなどの無料診断を受け付けている事務所も多く、ご自身に過払い金があるかもしれないという不安がある方は一度相談してみてはいかがでしょうか。

過払い金請求をしたら住宅ローンは組めなくなるのか

CRI_IMG_6008_TP_V

ブラックリストとは

借金に関する言葉として『ブラックリスト』をよく耳にするかもしれませんが、実際にそのようなリストがあるわけではありません。 ブラックリストとはクレジットカードの審査などで利用される『信用情報機関』に登録されたネガティブな情報のことです。

過払い金請求において借金返済中に請求した場合、返還された過払い金を借金返済に充てても完済しなければブラックリストに載ってしまいます。 ブラックリストに載ると一定期間ほとんどの賃金業者で借入・クレジットカードの作成・ローンなどが利用できなくなります。ただし、ブラックリストは5年程経てば削除されます。

また、誤って借金を残してしまう場合もあるので注意が必要です。 クレジットカードのショッピング枠に過払い金以上の残高がある・請求した賃金業者の保証会社にも借金がある・グループ会社に借金があるというケースにおいて借金が残った場合もブラックリストに載ってしまいます。 過払い金請求にはこのような難しい問題も生じる可能性があるので、個人で行わず専門業者に依頼するのが得策です。

過払い金請求をしても住宅ローン審査への影響はない

過払い金請求をするとブラックリストに載ってしまい、住宅ローンが組めなくなるのではないかと考える人が多いですが、これは間違いです。 過払い金請求を行っても、その情報がブラックリストに載ることはありません。 そもそも「ブラックリストに載る」というのは俗称で、正確には信用情報に事故情報が記載されるということです。 平成22年までは過払い金請求が事故情報として信用情報に載ったのですが、現在では記載が禁止されています。 そのため、ローンの審査にも影響がありません。

ただし借金返済中に請求を行い、請求後債務が残ってしまう場合は要注意です。 この場合は過払い金請求ではなく任意整理を行ったと見なされるため、ブラックリストに記載され、ローン審査が通らなくなってしまいます。

過払い金請求をしても今ある住宅ローンへの影響もない

過払い金請求が、住宅ローンなど現在組んでいるローンに影響するのではないかと考えている人も多くいます。 「過払い金請求を行ったことで信用情報に欠陥が生じ、銀行や金融機関がローンの一括返済を求めてきたり、契約情報を不当に見直す」というものです。 結論から言うと、これはすべて誤解です。 過払い金請求を行ったからと言って、住宅ローンなどその他のローンには影響は出ません。 そもそも銀行や金融機関に対して、過払い金請求を行ったことを知らせる必要はないので、これまで通り返済していけば大丈夫です。

過払い金請求は、知識がないとなかなか理解しにくいものです。 不安なことや分からないことがあれば、弁護士や司法書士と言った専門家に相談してみるのがいいでしょう。

過払い金請求をして住宅ローンが組めなくなる場合

grid-857865_960_720

ローンの審査は信用情報が重要になる

住宅を購入する際組むことになるのが住宅ローンです。 住宅に限らずローンを組もうとすると、金融機関や銀行はその人がきちんと返済していけるかどうか調査します。 そこで登場するのが信用情報です。 信用情報とは、その人のクレジットカードやローンなどの信用取引に関する客観的な情報のことで、指定信用情報機関によって一元管理されています。 クレジットカードを作ったりローンを組んだりするとここに情報が登録され、その後の返済状況や借金の残高などについても記録されていきます。

金融機関や銀行はここに問い合わせを行うことで、その人の信用力を判断するのです。 借金の返済が滞った、破産が生じたなどの記録も信用情報にはもちろん残ります。 こういった情報を「事故情報」と言い、事故情報が信用情報に記載されることを俗に「ブラックリストに載る」と言います。 金融機関や銀行は、この事故情報が載っている人に対してお金を貸すことを極端に嫌うので、当然ローン審査は下りなくなります。

住宅ローンを組むには、健全な信用情報が非常に重要になってきます。 事故情報は返済遅延や破産の情報が記載されます。 しかしそれだけではなく、過払い金請求が関係してくることもあるのです。

返済中の過払い金請求はブラックリストに登録されてしまう可能性がある

「過払い金請求を行ったせいで住宅ローンが下りなくなった」ということはありません。昔は過払い金請求が信用情報機関に登録されていましたが、現在ではそれが法律で禁止されるようになったのです。 すなわち、過払い金請求を行ってもブラックリストに載ることはないので、ローン審査には何ら影響を及ぼすことはありません。 法律ができる以前に過払い金請求を行い、その事故情報がまだ残っている場合は、信用情報機関に対して末梢請求を行うことが可能になっています。

ただし、これには例外があります。 それは「借金返済中に過払い金請求を行い、超過利息分を減額しても債務が残った」場合です。 この場合は「過払い金請求」ではなく「任意整理」として扱われるためです。 任意整理とは債務者と交渉して借金を減額する手続きのことで、これを行うと信用情報機関に情報が残ります。 そのため、ローン審査が通らなくなってしまうのです、その他にも注意点があります。 クレジットカードのショッピング枠との相殺、保証会社との相殺、グループブランドとの相殺など、過払い金が他の支払いに回されて債務が残ってしまうケースがあります。これらのケースでも任意整理とみなされブラックリストに載ってしまうので注意が必要です。

住宅ローンを組む金融機関が、過払い金請求をした業者と関連会社だった場合は組めない可能性がある

過払い金請求はお金が戻ってくるという点で非常にメリットの大きい仕組みですが、デメリットもあることを覚えておく必要があります。 まず過払い金請求を行うと、その貸金業者からは二度と借入ができなくなります。 貸金業者にとって、過払い金請求は非常に嫌なものです。 そのため、過払い金請求をしてきた消費者は自社内でしっかり記録しておき、二度とお金を貸してくれなくなります。 他の貸金業者からお金を借りることはできますが、この点はしっかり覚えておく必要があります。

また、過払い金請求をした貸金業者と、住宅ローンの融資先が関連会社であった場合、住宅ローンの審査が通らないケースがあります。 自社内の記録がチェックされるからです。 消費者金融は銀行の関連会社であることが多いですが、名前から関連を察することができないこともあります。 そのため過払い金請求を行うときは、請求先の関連会社を予め調べておくとよいでしょう。

過払い金請求を行った後住宅ローンを組もうとしたが通らなかった、というときは自分の信用情報を取り寄せてチェックしてみましょう。 間違いがあれば異議申し立てを行うことができます。 取り寄せた結果過払い金請求が原因ではないことが分かるかもしれないので、やはり自分の目で確認することをおすすめします。

過払い金請求後も住宅ローンも組みたい場合

home-1353389_960_720

基本は完済してから過払い金請求をすること

過払い金請求をした後でも、住宅ローンを組む方法はあります。 住宅ローンを組むためには、ローン会社が行う個人信用情報の審査をバスする必要があります。 過払い金請求したことで信用情報にキズが付かなければ、住宅ローンを組むのに何の障害もありません。

過払い金が発生しているのがわかっている状態でも、返済を続けている限り信用情報にはキズがつきません。 借金を完済すれば信用情報には完済日が記載され、事故扱いにはなりません。 以前は過払い金請求をしただけでも「契約見直し(コード71)」という記録が残りましたが、2010年4月19日に廃止されています。 従って借金を完済してからであれば、安心して過払い金請求が出来るのです。

返済中に過払い金請求をする場合は過払い金で完済できればローンが組める

過払い金請求後に住宅ローンを組みたいと思っている方は、借金を完済してから請求することが基本ですが、完済まで待てない場合もあるでしょう。 そうした際には過払い金請求をする前に、お金がいくら戻るのか、残金があるのかないのかを事前に計算しておく必要があります。 過払い金請求で戻ってきたお金で借金を完済することが出来れば、個人信用情報にはキズが付きません。 そのため返済中でも完済することができれば、住宅ローンを組むことができます。

そもそも過払い金請求することは正当権利なので、払いすぎたお金で借金が完済できると言う事は、その人の支払い能力に問題がなかった、という意味になります。 以前はこのような場合も信用情報に記載されていた時期もありましたが、近年金融庁は、完済した場合は信用情報に記載すべきでないという方針を出しました。 従って完済した場合、事故情報は削除されることになります。 どのタイミングで削除が行われるのかは信用情報機関によって違いがあり、削除されていない場合は削除申請を行うことが出来ます。 しかし問題は、過払い金請求をして戻ったお金を当てても借金が完済できなかった場合です。

この場合は借金の額が減額されただけという状況になり、個人信用情報には「任意整理(債務縮小の意)」と記載されることになります。 これはブラックリストに載った、という状態ですので、住宅ローンなどの審査には通らなくなってしまうので注意が必要です。

住宅ローンを組んでから過払い金請求を行う

過払い金請求をする前に、戻る金額について把握することは大切です。 そのためには貸金業者から取引記録を取り寄せて、引き直し計算をする必要があります。引き直し計算の結果、払い過ぎていたことが明らかになれば過払い金は戻ってきます。もしも残金が残ることが判明した場合は、一定期間新たに住宅ローンを組むことができません。

しかしブラックリストの情報は、今現在支払いを行っている住宅ローンとは何の関係もありません。 現在抱えている住宅ローンを滞りなく返済していれば、過払い金請求の結果ブラックリストに載ったとしても今の住宅ローンに悪影響が及ぶことはありません。

そのため、個人信用情報に問題が無ければ、過払い金請求をする前に住宅ローンを組んでしまうという方法があります。 住宅ローンの審査に通ってしまえば、その後に過払い金請求で残金が残り、結果ブラックリストに載ったとしても、先んじて組んだ住宅ローンには何の問題も及びません。

まとめ

house-431604_960_720

基本的に過払い金請求が住宅ローンに影響を与えることはありません。 新たにローンを組むこともできますし、現在支払中のローンに影響するというということもありません。 ただし返済中の過払い金請求は、過払い金請求のつもりが任意整理になってしまった、という状況に陥る危険性があるので注意が必要です。 こういった事態を避けるには完済後に返還請求を行うか、事前にしっかりとした引き直し計算を行う必要があります。

また、返還請求を行った人の情報を、企業が独自に管理していることがあります。 その情報があったせいで関連会社のローン審査が通らなかった、という話もあるため、可能であるならば過払い金請求の前にローンを組んでおくことをおすすめします。

過払い金請求・債務整理が強い弁護士・司法書士ランキング

  • No.1
  • 司法書士法人杉山事務所 過払い金の回収金額がNo1
  • 週刊ダイヤモンド誌で過払い金の回収金額がNo1で紹介されています。東京、大阪、名古屋、福岡、広島、岡山、仙台、札幌と全国8事務所に展開していて、該当地域だけでなく無料で出張相談もおこなっている過払い金請求に強い事務所です。

    • 相談料、着手金、初期費用がすべて無料
    • 過払い金の回収金額がNo1
    • 消費者金融が恐れる司法書士事務所
    • 全国に8ヶ所の事務所
    • 無料の出張相談も可能
    大阪事務所(主たる事務所) 0120-066-018
    東京事務所 0120-065-039
    名古屋事務所 0120-068-027
    福岡事務所 0120-069-034
    広島事務所 0120-067-009
    岡山事務所 0120-070-146
    仙台事務所 0120-131-025
    札幌事務所 0120-678-027

    公式サイトへ

  • No.2
  • 司法書士法人みどり法務事務所 相談料・初期費用0円!
  • 過払い返還額累積8億円以上。借金問題をズバッと解決する、債務整理・過払い金請求の専門家です。事務所は東京・北海道(札幌)・高知・愛媛・岡山・広島・熊本の全国に7ヶ所にあります。秘密厳守で親切・丁寧な対応が選ばれる理由です。

    • 過払い返還額累積8億円以上
    • 月の相談件数約500件
    • 全国に7ヶ所の事務所
    • 出張相談可能
    • 相談料・初期費用0円
    • 秘密厳守
    相談無料のフリーダイヤル 0120-837-032

    公式サイトへ

  • No.3
  • 司法書士法人みつ葉グループ 状況に合わせた手続きを提案
  • 総勢40名の債務整理専属チームがフルサポート体制で全国からの相談に親身に対応。過払い金請求では、安易な妥協をせず貸金業者とは徹底的に交渉し、相談者には寄り添う頼れる事務所です。費用は成功報酬制なので安心して依頼ができます。

    • 資料無しで相談可能
    • 全国どこでも相談できる
    • 手持ちの費用無しでもOK
    • 相談無料
    • 成功報酬型
    • 年中無休365日相談受付
    相談無料のフリーダイヤル 0120-739-002

    公式サイトへ

  • No.4
  • 街角相談所-法律- 匿名・無料でベストな解決法をシミュレーション
  • 毎月10,000人以上が利用する借金問題のシミュレーター。解決率はなんと驚異の80%。24時間365日、過払い金だけでなく債務整理などの借金問題に関するすべてを無料で相談ができます。

    • 毎月10,000以上が利用
    • 解決率80%
    • 過払い金も債務整理も相談可能
    • 匿名・無料で利用可能
    • 24時間365日の相談可能
    • 全国対応

    公式サイトへ

  • No.5
  • 弁護士法人サンク総合法律事務所 弁護士だからできる解決方法
  • 弁護士にしか弁護士だから解決できる借金問題があります。弁護士法人サンク総合法律事務所は他の大手の法律事務所と違って、安心の全国対応で、土日祝日も休まず24時間365日対応しています。

    • 相談料、着手金、初期費用がすべて無料
    • 24時間365日の相談可能
    • 全国対応
    相談無料のフリーダイヤル 0120-314-501

    公式サイトへ