弁護士と司法書士どちらがいいのか?過払い金請求をする際のポイント

弁護士と司法書士どちらがいいのか?過払い金請求をする際のポイント

過払い金請求を自分で行う場合、専門知識が必要になるため時間と手間が掛かります。また、自分で行うと家族や会社にバレてしまったり、不当に低額の和解金額を提示されたりすることもあります。 なので、弁護士や司法書士にお願いする人は多いです。

過払い金請求は弁護士や司法書士に依頼することが出来ます。 その際、弁護士と司法書士どちらに依頼すれば過払い金返還請求を有利に進めることができるのでしょうか? 今回は専門家に依頼するメリット・デメリット、弁護士と司法書士の違いなど、気になる点について紹介していきます。

過払い金請求を弁護士や司法書士に依頼するメリット

wallet-2292428_960_720

過払い金とは、借金の返済時に払い過ぎた利息分のことです。 過払い金請求を行うことで返金されますが、弁護士や司法書士の方に依頼すれば専門知識な知識は不要です。

また、書類作成などの手続きに関わる手間や時間の節約にもなります。 さらに、法律に詳しくない人が自分で過払い金請求を行った場合は、本来返金してもらえる金額より低めの額で貸金業者に提示され、そのまま交渉成立してしまうリスクがありますが、専門家に交渉してもらうことにより回避することができます。

一般的に弁護士と比べて、司法書士の場合は費用が安いというメリットがある反面、扱える案件の金額や訴訟を起こせる裁判所の種類に制限があるというデメリットがあります。 そのため、対応してもらう内容を考慮した上でどちらに依頼するかを決める必要があります。 なお、判断するのが困難な場合は、無料相談を受けている弁護士や司法書士もいるため、相談後に決めるという方法もあります。

弁護士や司法書士に依頼する時の費用

equality-1245576_960_720

弁護士や司法書士に依頼する時のデメリットは費用がかかること

過払い金請求を弁護士や司法書士に依頼するメリットは、過払い金請求に必要ないくつもの書類を集め、過払金がいくら返ってくるかの計算をし、金融業者と交渉をしなくてよいということが挙げられます。 その一方で、費用がかかるというデメリットがあります。 事務所によって金額や取られる費用の項目に差はありますが、それなりの額は取られてしまいます。

また、弁護士に依頼をするのか司法書士に依頼をするのかによってもかかるお金は違います。 返ってくる過払い金の額によっては、諸々の費用を引いたら少額しか残らなかったり、マイナスになる場合もあります。 ですから、依頼する時にどのような費用が、どれくらいかかるのか知っておくことが大切になります。

着手金

着手金とは、弁護士や司法書士に過払い金請求を正式に依頼した時に支払うお金のことです。 相談などをして正式に依頼するかどうかを決める人が少なからずいるでしょうが、相談をする段階ではまだ正式に契約をしているわけではありません。 相談料を支払っていたとしても、契約をするかどうかはまた別問題です。 契約をした後、着手金をまず始めに支払います。

これは、過払い金が受取れても受け取れなくても関係なく渡します。 弁護士・司法書士ともに着手金の相場は2万円前後です。 金融業者1件あたりの金額です。 司法書士の着手金の上限は決まっていますが、弁護士は金額の上限は決まっていません。したがって、弁護士の方が費用は高い傾向にあります。

報酬金

報酬金は基本報酬に解決報酬、過払い金報酬に減額報酬などがあります。 基本報酬と解決金報酬は、過払い金を受け取ることが出来た際に支払うお金のことです。弁護士は、基本報酬は着手金と同じく金額の上限はありません。 解決金報酬は2万円と上限が決まっています。 司法書士は金融業者1件につき、着手金と基本報酬、そして解決報酬を全部合わせて5万円までと決まっています。

過払い金報酬とは、返ってきた過払い金の内20%を支払うというものです。 和解をせずに裁判を起こした場合は、25%の金額を支払うことになります。 減額報酬とは、本来返ってくるはずだった過払い金が、和解によって減らされた場合の差額を支払うものです。 このように、過払い金請求には様々な費用が必要になります。

実費

基本的には上記の費用が必要となりますが、場合によってはその他に通信費、交通費、事務手数料、振込手数料、などの実費もかかることがあります。 何が実費としてかかるのかは明確に決まっていいなく、事務所によって内容は異なります。 そのため契約前に詳細を確認することが必要になります。

弁護士と司法書士ではどちらに依頼するのが良いか

iphone-791450_960_720

弁護士と司法書士の違い

過払い金請求を行う場合、弁護士に依頼するか司法書士に依頼するか迷うことがありますが、両者には明確な業務上の違いがあります。

まず、司法書士は、過払い金が140万円を超えると、交渉や訴訟の代理ができなくなります。 この140万円という数字ですが、貸金業者1社当たり140万円とするか、過払い金請求ができるすべての貸金業者の合計で判断するか意見が分かれています。 最高裁は、1社当たり140万円以下なら司法書士が担当できるとしています。 つまり、合計額が140万円を超える過払い金でも、1社あたりの過払い金が140万円以下ならいいわけです。

貸金業者に訴訟を起こす場合にも、弁護士と司法書士では訴える裁判所が異なってきます、弁護士は地方裁判所、司法書士は簡易裁判所です。

地方裁判所のほうは140万円超の事件を扱い、簡易裁判所は140万円以下の案件に対処します。 こちらは請求額の合計が140万円以上なら、地方裁判所に訴えることができます。

弁護士に依頼するメリット

過払い金請求を弁護士に依頼するメリットは、まず借金の額や、過払い金の請求額に上限がないことが挙げられます。 司法書士は、司法書士法で140万円を超える借金や過払い金の請求を行えないことになっています。 ですので、140万円を超える可能性がある場合には、弁護士に頼んだ方が良いと考えられます。

また弁護士に依頼するメリットの2つ目としては、希望通りの交渉をしてくれるという点です。 弁護士は、法律を用いた交渉の専門家ですので、依頼人の希望や利益が最大になるように様々な交渉や手続きをしてくれます。 ですので、安易な和解で手を打ちたくない、できる限り多くの過払い金を得たいと考えているのなら、弁護士に依頼するメリットが多いです。

司法書士に依頼するメリット

司法書士に依頼するメリットは、一人一人の依頼人と向かい合いながら対応してくれるという点が挙げられます。 過払い金請求を手掛ける弁護士の場合、他にも多くの案件を手掛けていることが多く、どうしても一人一人にかける時間は少なくなってしまいます。

ですので、弁護士に依頼する場合には自分の希望や要求をはっきりと弁護士に伝える必要があります。

司法書士の場合、依頼人が希望や要求を言いにくかったり、言葉にすることができない場合、それを言いやすくしてくれたり、言葉にするお手伝いをしてくれます。 報酬額についても弁護士と比べると安価である場合が多く、依頼人の人生や生活に密着して借金問題の解決を図ってくれることが多くあります。

専門家選びはどれだけ過払い金を取り戻すことができるか

pencil-1486278_960_720

違法な消費者金融や倒産した金融会社などは別ですが、しっかりとした弁護士や司法書士に頼めば法律で上限に近い過払い金を取り戻す事ができるはずです。 過払い金とは本来払う必要のないお金を業者に払っていた事になるので、こちらがそのお金に5パーセントの利息をつけて返還を要求もできます。 ただ、ここまでの要求を和解で応じてくれる消費者金融は少ないです。

そのため利息付きで取り戻したい場合は、利息も含めて返還を求める場合は訴訟を起こす必要があります。 しかし、訴訟を起こす時は別途費用がかかります。 訴訟を起こす際は弁護士に依頼することが基本的ですが、訴訟を起こすことで報酬費用も上乗せされてしまいます。 訴訟時にかかる費用は事務所によって異なりますが、場合によっては訴訟を起こして多く過払い金を取り戻したはずなのに、手元に残ったお金は思ったより少ないなんてこともありえます。

見てきたように弁護士と司法書士にはそれぞれメリット・デメリットがあります。 それらをしっかりと理解して、弁護士・司法書士関係なくどこの事務所に依頼すれば一番過払い金を取り戻してくれるか、自分の内容に沿って考えることが専門家選びの重要なポイントになります。 ですから、どれだけ過払い金を取り戻してくれるのか、複数の事務所に相談してみると良いでしょう。

過払い金請求を依頼する事務所選びの5つのポイント

diary-1149992_960_720

信頼できる事務所か見極めることに手を抜かない

手続きが難しく時間もかかることから、弁護士や司法書士といった専門家に過払い金請求を依頼するケースが多くあります。 過払い金請求を宣伝している法律事務所はたくさんありますが、納得のいく結果を得るためには、事務所選びをしっかりと行うことが大切です。

法律事務所の中には、依頼人の利益ではなく事務所の儲けを第一に考えて動くところもあります。 中には手間を惜しみ、依頼人の意向を無視して安易な和解を提示して来るような事務所も存在します。 そういったところを避け、信用できる事務所を妥協なく選ぶ必要があります。

そのためにはやはり実際に会って話をしてみるのが一番です。 面談時間が短かったり、手続きの説明だけで終わってしまうようなところは避け、じっくり話を聞いてくれる事務所を選ぶことが大切です。

過払い金請求・債務整理を専門としている事務所か確認する

弁護士や司法書士は当然過払い金請求だけを行っている訳ではありません。 例えば弁護士の場合は、民事、刑事、法務に分かれており、消費問題、労働問題、相続相談など扱う事柄は多岐に渡ります。 当然ながら1つの法律事務所が全ての業務をこなすのは現実的に難しいので、ある程度得意分野を掲げているのが一般的です。

納得のいく過払い金請求を行いたいなら、過払い金請求を専門に扱っている事務所を選ぶ必要があります。 畑違いの事務所に依頼をしても受け付けてもらえませんし、受け付けてもらっても上手くいかない可能性が大きくなります。 過払い金請求では過払い金額を計算し、貸金業者と交渉、場合によっては裁判を行います。そこには当然ある程度のノウハウが必要になってくるからです。

料金体系や費用の説明がわかりやすいか

弁護士や司法書士に依頼をする際、やはり気になるのが料金です。 法律事務所への依頼料は、それぞれの事務所によって異なり、どのようにして料金が決まるかもまちまちです。 現状を何とかしたいあまりよく確認しないまま契約してしまうと、思わぬ出費になることもあります。 料金体系については十分注意が必要です。

費用が安ければいいわけではない

費用をできるだけ下げる為に安く依頼を受けてくれる事務所を選ぶ人がいますが、これにも注意が必要です。 全ての事務所がそうであるとは限りませんが、料金が安い事務所にはそれなりに理由があります。

例えば一見すると低額で済むが、それは限られた条件の依頼のみという場合があります。また、報酬以外の実費として追加負担を求められるケースもあります。

過払い金請求の訴訟を提案してくれるか

信頼できる事務所を選ぶポイントとして「過払い金請求の訴訟を提案してくれるか」という点に着目しましょう。 最近では話し合いで希望の過払い金を回収できる確率は低く、訴訟を起こすことによって多額の過払い金を回収できるケースが多くなっています。 訴訟を起こしてくれない事務所は依頼者に不利な和解案で解決している可能性があります。 実績などを見て訴訟を起こす気のある事務所か確認すべきです。

まとめ

graphics-882726_960_720

過払い金請求をする際、弁護士や司法書士の専門家に依頼すれば費用はかかりますが、過払い金の満額に近いもしくは満額に過払い利息分を付けて返還してもらえる可能性は高いです。

専門家なら貸金業者との交渉や裁判になった時に代理として出廷してくれますし、手続きに関しても全て専門家がしてくれるというメリットがあります。 依頼者の希望通りの過払い金額にならなかった場合、裁判で争うことになります。 140万円を超える過払い金ですと、司法書士は裁判に出廷することができないため、 その場合は弁護士に依頼しましょう。

140万円を超えない場合は、費用を抑えるために司法書士に依頼するのも一つの手です。過払い金請求を専門家に依頼する時は、自分の納得ができる過払い金返還額を取り戻すまで、交渉や裁判を行ってくれるのかどうかを確認しておきましょう。 そして料金を明確に提示してくれる専門家に依頼すると安心です。

過払い金請求・債務整理が強い弁護士・司法書士ランキング

  • No.1
  • 司法書士法人杉山事務所 過払い金の回収金額がNo1
  • 週刊ダイヤモンド誌で過払い金の回収金額がNo1で紹介されています。東京、大阪、名古屋、福岡、広島、岡山、仙台、札幌と全国8事務所に展開していて、該当地域だけでなく無料で出張相談もおこなっている過払い金請求に強い事務所です。

    • 相談料、着手金、初期費用がすべて無料
    • 過払い金の回収金額がNo1
    • 消費者金融が恐れる司法書士事務所
    • 全国に8ヶ所の事務所
    • 無料の出張相談も可能
    大阪事務所(主たる事務所) 0120-066-018
    東京事務所 0120-065-039
    名古屋事務所 0120-068-027
    福岡事務所 0120-069-034
    広島事務所 0120-067-009
    岡山事務所 0120-070-146
    仙台事務所 0120-131-025
    札幌事務所 0120-678-027

    公式サイトへ

  • No.2
  • 司法書士法人みどり法務事務所 相談料・初期費用0円!
  • 過払い返還金額は、なんと累積90億円以上。借金問題をズバッと解決する、債務整理・過払い金請求の専門家です。東京・北海道(札幌)・愛知・高知・愛媛・岡山・広島・熊本の全国8ヶ所にあります。秘密厳守で親切・丁寧な対応が選ばれる理由です。

    • 過払い返還額累積90億円以上
    • 月の相談件数約500件
    • 全国に8ヶ所の事務所
    • 出張相談可能
    • 相談料・初期費用0円
    • 秘密厳守
    相談無料のフリーダイヤル 0120-837-032

    公式サイトへ

  • No.3
  • 司法書士法人みつ葉グループ 状況に合わせた手続きを提案
  • 総勢40名の債務整理専属チームがフルサポート体制で全国からの相談に親身に対応。過払い金請求では、安易な妥協をせず貸金業者とは徹底的に交渉し、相談者には寄り添う頼れる事務所です。費用は成功報酬制なので安心して依頼ができます。

    • 資料無しで相談可能
    • 全国どこでも相談できる
    • 手持ちの費用無しでもOK
    • 相談無料
    • 成功報酬型
    • 年中無休365日相談受付
    相談無料のフリーダイヤル 0120-739-002

    公式サイトへ

  • No.4
  • 弁護士法人サンク総合法律事務所 弁護士だからできる解決方法
  • 弁護士にしか弁護士だから解決できる借金問題があります。弁護士法人サンク総合法律事務所は他の大手の法律事務所と違って、安心の全国対応で、土日祝日も休まず24時間365日対応しています。

    • 相談料、着手金、初期費用がすべて無料
    • 24時間365日の相談可能
    • 全国対応
    相談無料のフリーダイヤル 0120-314-501

    公式サイトへ